メニューを飛ばして本文へ
ホーム » 研修会情報 » 青森県看護学会 »

青森県看護学会

ねらい 会員個々の資質の向上を目指し、相互の連携を深め、研究の促進と知識情報の交換、学術の振興を図る
メインテーマ 「今、共に探ろう、未来の看護の可能性」
特別講演 講 師:公益社団法人日本看護協会 会長 福井 トシ子
開催期日 平成30年11月10日(土)
開催場所 リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
定員 800人
参加費(税込)
(学会誌代含)
会員:3,240円 非会員:7,560円 学生:1,296円
(当日参加費 会員:4,320円 非会員:9,720円 学生:1,296円)
申込期間・申込方法 別途案内

第47回(平成30年度)青森県看護学会研究発表演題募集について

第47回(平成30年度)青森県看護学会を開催します。
つきましては、研究発表演題を募集いたしますので、募集要綱をご参照いただき、ご応募ください。

研究発表演題募集要綱

1.趣旨 会員個々の資質の向上を目指し、相互の連携を深め、研究の促進と知識情報の交換、学術の振興を図ることを目的とする。
2.主催 青森県看護協会
3.開催期日 平成30年11月10日(土)
4.開催場所 リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
5.メインテーマ 「今、共に探ろう、未来の看護の可能性」
6.応募資格 青森県看護協会会員であること
7.研究内容 看護に関するもので未発表のものに限る
8.発表形式 口演または示説(ポスターセッション)のいずれかを希望することができる。ただし、希望以外の発表形式になる場合もある。
(1)種  類
・口演 パワーポイント使用
・示説 ポスターセッション
(2)発表時間
・口演 1題7分 ※各群の発表終了後に質疑応答の時間があります。
・示説 口述発表なし
9.応募方法 (1)提出書類
①研究発表申込書
②抄録提出チェックリスト
③抄録原稿(印刷用・選考用)
(2)申込締切 平成30年6月20日(水)必着
(3)提出先
青森県看護協会 教育研修課 宛
※封筒・件名に「青森県看護学会研究発表演題」と明記のこと
郵送:〒030-0822 青森市中央3-20-30 県民福祉プラザ3階
メール:ao.nurse@ceres.ocn.ne.jp
10.抄録原稿 (1)抄録は原稿作成の手引き・見本をもとにパソコンで作成し、印刷したものを提出する。(A4縦・横書き2枚)
(2)倫理的配慮は必ず明記する。
11.選考方法 (1)抄録毎に査読審査を行う。
(2)査読審査結果をもとに、採択・不採択の決定を行う。
12.その他 提出された応募書類は返却しない。

研究発表申込書ダウンロード(Wordファイル)

研究発表申込書ダウンロード(Wordファイル)

抄録提出チェックリストダウンロード(Excelファイル)

青森県看護学会参加申込書ダウンロード

青森県看護学会ポスター

第46回(平成29年度)青森県看護学会(終了報告)

平成29年11月11日(土)青森市民ホールにおいて、「治し、支える、医療の現場に求められる看護の役割」をメインテーマに第46回(平成29年度)青森県看護学会を開催し、県内の看護職・看護学生が約700名参加しました。
特別講演は、「aging in place(地域で暮らし続ける)を実現するために~看護のあり方を再考しよう~」と題し、在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子 氏から退院支援のプロセスや暮らしの場への移行支援の方法を学ぶことができました。
午後は、口演11題・示説4題の発表があり、各会場で活発な意見交換がされ、大変有意義な看護学会となりました。
来年度は平成30年11月10日(土)に開催する予定となっておりますので、皆様是非ご参加ください。


【開会式で挨拶をする熊谷会長】

【会場の様子】

【特別講演講師 宇都宮宏子 氏】

【口演発表】

【示説発表】